ライフサポート夫婦相談室

Tel:050-3764-7441 9:00-21:00

ご予約はこちらから

自分が自分なりに家族を大切にしているつもりだけれども、妻の不満が大きくなるばかり、 家事の手伝いや休日の家族サービスも自分なりに精一杯にしているけれども、パートナーに思いが伝わらない事はありませんか?
年齢を重ねると女性は、思い抱いている満たされない欲求と夫に要求する内容が違ってきます。奥様の言っていることをそのまま、 鵜呑みにしてしまうと、奥様の心の中では、「結局、何もわかってない!!」とイライラすることになってしまいます。夫婦カウンセリングでは、男性社会ではない常識や言葉の意味を断片的にも理解することによって、夫婦の距離が近づくことに繋がります。

子供が出来る前の夫婦を思い出して

どんなに年を重ねても妻ではなく女性

人は、男女共に本能や日々の生活環境に影響を受けて、知らず知らずの内に価値観や家族間のあり方など、変化していきます。これは、一気に変化するのでなく、 少しずつ色が変化するように染まっていく変化なので、自分自身では気づきにくいかと思います。
恋人時代には、お互いの時間の隙間を見つけては、お互いを知ろうと連絡を取り合い、心と体の距離を縮めようと必死だったけれど、 結婚して子供が産まれて、仕事が忙しくなって多くの時間を費やすようになったり、家のローン返済に夫婦で必死になったりと刻々と生活の変化があります。
自分自身を見直し、外から家族を見ることができたなら、少しづつ何をすれば良いのかわかってきます。

頑張って働きすぎていませんか?

真面目すぎて頑張り過ぎると、先頭で走り続けけた結果、ふと振り返るといると思っていた家族がいないことがあります。
「家族のために俺が・・」「家族が大変だから俺がバリバリ仕事をしていかないと。」必死になって働きすぎると、家族が「お父さん、ちょっと待って!!ドンドン行かないで!!」 という言葉に耳を貸す余裕すらなくなることもあります。自分は元気だけれども、そのペースに付き合わされている家族やパートナーがヘトヘトになっていることも あります。家族というチームのリーダーである意識があるならば、家族を引っ張っていく心意気に家族一人一人に目を配る思いやりがないと、 せっかくの頑張りが独りよがりという、意味のない結果になることもあります。
仕事はあくまで、家族を幸せにするための糧であり、目的ではありません。仕事社会に溶け込み過ぎると、知らず知らずのうちに失ってしまっているかもしれません。


仕事と同じ考え方は家庭内では、崩壊の危機に

仕事では、(より効率よくロスを出さずに、より時間をかけず、正確に計画通り分担作業をして利益を上げること)が求められます。そして、会社はそれに対して評価を与えてくれるというのが仕事の考え方かと思います。 しかし、家庭内に(より効率よくロスを出さずに、正確に計画通りに利益を上げること)を持ち込むと、何と味気ない時間になってしまいます。そこには、絆や人と人が無償で繋がる温度交換は、 なくなってしまうからです。では、どうすれば、夫婦として絆を生み、お互いを思いやる温度交換ができるでしょうか。それは、仕事でしている考え方の逆をすることが家庭が出来る人であり、出来ている人になります。 仕事は、上記でもお話した通りに、あくまで、家族を幸せにするための糧であり、目的ではありません。 目的は、家庭の充実にあります。充実させるには、(意味のない共同作業をウダウダとして、贅沢に時間を使い、予定通りにならなくて結構と楽しんで結果を求めず、その時間を楽しむこと)が絆を生みます。 誰しも、子供時代があったかと思います。楽しい思い出に残っていることは、意味のないクダラナイ・バカじゃない・アホやろ と言われることを、やっていませんでしたか?
それこそが、家族というチームが一つになる時であり、色濃く思い出のキャンパスに描かれる時です。


奥さんは怒っているんじゃなく、助けてと叫んでいるだよ。
子供が生まれたり、責任感を持つような仕事をしていたり、何でも頑張る女性でイライラしている時は、子供にイライラをぶつけたり、 夫に何もしてくれないと文句を言うこともあるかと思います。例え、家事や育児をサポートしても、奥さんの要求がドンドンエスカレートするばかりで 何でイライラしているかわからず、奥様の言葉を鵜呑みにしていませんか? 女性は、出産や年齢を重ねると、思っている事を素直に相手に伝えることが下手になるようです。だから、本当は、「ねぇ私をぎゅっと抱きしめて!お母さん疲れた甘えたいーーー」と思っている 事を「いい加減にして!散らかしてばっかりで、あんた何もしてくれないじゃない!!!!」と思いを怒りに変換して言葉に出してきます。 なんでも、きちんとやる女性ほど、認められたい・必要とされたい という欲求があったりするものです。そんな気持ちに察してあげられる男性を奥様は強く求めているのです。また、察してもらえないと酷く失望感を味わうのです。


夫婦修復・円満の秘訣

1
「夫婦の不仲の原因がこんな事だったりする。」夫が抱え込む悩み
2
「子供が産まれると女性は変化する」妻が不満に思っている事
3
「家庭を作るという事の意味」家族にとって大切なのは
4
「実は、浮気しなければいけなかった理由がある」浮気・・・?浮気にはサインがある!


相談室・エリアの案内

静岡相談室
静岡市葵区 JR静岡駅より徒歩3分の場所にあります。
静岡駿河相談室
静岡市駿河区下川原になります。駐車場があります。カウンセラー林が対応。
浜松相談室
静岡県浜松市 浜松市役所から徒歩2分の場所にあります。
沼津相談室
静岡県沼津市 沼津・三島・裾野・御殿場からアクセスしやすい場所です。駐車場のご用意があります。
仙台相談室
宮城県仙台市泉区 地下鉄南北線泉中央駅から徒歩3分の場所です。
東京東雲相談室
東京メトロ有楽町線 辰巳駅から東雲水辺公園方面に徒歩6分の場所です。
鎌倉相談室
最寄駅は湘南モノレール 片瀬駅から徒歩5分・江ノ電 腰越駅から徒歩12分の場所です。
栃木 小金井相談室
最寄駅は東北線小金井駅西口から徒歩17分駅まで送迎可能。車でのお越しもOK。カウンセラー大内が対応。

カウンセリング相談室は、静岡市葵区・駿河区・浜松市・沼津市・湖西市・宮城県仙台市・東京都江東区・栃木県小金井にてご用意しております。 ご相談室以外でも、各地域にてカウンセラーが活躍しております。主に静岡県・宮城県・東京都にて 喫茶店・ラウンジ・ご自宅などでお待ち合わせをしてカウンセリングも行っております。


申し込み窓口
電話受付(予約) 050-3764-7441   受付時間9:00-21:00
(お客様窓口ですので営業電話・業務勧誘の方は mailにてお願いします。)
mail受付(予約) メール予約   受付時間24H
その他 お子様が小さくて外出が出来ない方や外出が難しい場合などの方に出張でのカウンセリングも行っております。 対応地域などありますのでお問い合わせ下さい。

お願い
※キャンセルの申し出る場合は、3日以上前にお願いします。3日以内でのお申込みの場合には、前日(24時間)までにお知らせお願い申し上げます。キャンセル時には全額の費用をお願いしておりますので、カウンセリングの日程を決める際には無理のないご都合でカウンセリングの申込みをして下さい。