ライフサポート夫婦相談室

Tel:050-3764-7441 9:00-21:00

ご予約はこちらから

結婚前に二人は出会い、流れるように過ぎてきた時間と気づかぬうちに、様々な環境が変わり、そして自分自身も 変わってしまった。家族・家などカタチとしては、整ってきたけれど、それとは正反対に満たされない気持ちが毎日積み重なり、 何かが崩れていくことを感じていませんか?
頑張って一生懸命に生きている人ほど、自分自身や身近な事に気づきにくくなります。

何気ない事が家族にとって大切

家族の食事

たかが食事と思っている人がいると思いますが、食事を一緒にしない夫婦の離婚率は非常に高いです。 想像してください。あなたが一番苦手とおもう人やどうしても好きになれない人と二人で同じテーブルを囲んで食事できますか?
正常の精神状態の人であれば、とても一つの食卓で食事をすることはできません。同じ空間で食すことは、ココロを通わせ、相手を受け入れる時だからです。 知らず知らずのうちにお互いの意思や気持ちを共有しています。だから、相手の体調や気持ちの変化などがわかります。それぞれが食べたいときに食べる生活をすると、 互いに無関心になります。子供の体調の変化・奥様の心の変化にも全く目を向けれなくなります。朝・昼・晩の三食 家族揃って食べることができなくとも、 家族揃って食べようと変えることを自ら示すことが大切な時なのかもしれません。 残業が多くて、いつも一人で食事をしている旦那様は、残業なしの曜日を作り出して、少しでも多く家族との時間・夫婦の時間を作ってみてください。 どうしても、家族で食事ができない場合には、相手が喜ぶ お酒 デザート などのおいしいものを買って、夫婦の楽しみの時間を作ることを試してもいいかもしれないです。 どんな人も1日は24時間しかありません。その中で大切なパートナーとの時間を意識して作っている夫婦は、 夫婦が理解合っていることが非常に多いです。互いに好き勝手に生きて夫婦の息がぴったりなどありえません。毎日の小さな小さな積み重ねが阿吽の呼吸になるのです。

貴方の人生にとって仕事とは?

どうして、頑張って仕事をするのでしょうか?家族のため?仕事によって自分の評価を得られるから?今の生活を維持したいから?など様々かと思います。もし、家族やパートナーが貴方の仕事に対する 姿勢に賛同を得ている場合には、何も問題ないと思いますが、時間の経過によって、家族やパートナーの意見が変わっていることもあります。 仕事まっしぐらの人生も一つの生き方ではありますが、家族やパートナーがあってこそと思われる場合には、仕事に対する考え方や取り組みも変化する時期になっているかもしれません。


パートナーのことを理解することで自分が理解される

時が経つにつれ、知らず知らずにお互いの事が見えなくなるのが、夫婦の怖いところです。そうすると、家族がいるのに、常に孤独を感じるようになり、 孤独に順応しようとしていくのが人です。でも、順応して順応していくうちに、どうにもこうにも、誤魔化せない一線が見えてきます。 この一線は、人として自分自身として譲れないと思う最終ラインになります。パートナーがこの一線を越える前に、必ずサインを出してきます。 「もう限界!!気づいて。」を違う表現にして言ってくる場合もありますが、仕草や行動などで示してくるケースもあります。 人は、男女共に自分を理解してほしいという思いでいます。誤解された行動や言葉のやり取りで理解されていないと受け取ったり、 自分だけ我慢していると悲観的になってしまうものです。なんで自分ばっかりと思うのも人いるかもしれませんが、他人や過去を変えようと思っていても、 自分が望む方向には、何も変わることはないと思ってもいいかもしれません。唯一、変えられるとすれば、自分自身を変えて行くほか人生を切り開く道はないと思います。 それによって、パートナーが同じ方向を見つめ、夫婦として向き合いたいと思えば、パートナーが貴方を理解したいと思うはずです。 夫婦であっても、それぞれに命が存在してそれぞれの人生の道があります。まずは、自分の人生の先を指し示すことから未来の一歩が見えてくるのではないのでしょうか?


一日に、貴重な夫婦二人だけの時間は何時間ありますか?
乳幼児や幼児を持つ、家庭では奥様が子供を寝かすために添い寝をすることが多くあると思います。添い寝をしないと子供が寝ない、妻が多忙だと知っているなど、お子さんの性格や家族生活習慣もあるかと 思いますが、そんな事情も承知しているから、起きろとは言いづらくて、毎回言えないで一人で過ごすことが多くなり、それが日常になる事もあると思います。ただ、悩みの渦中で 助けや話を聞いて欲しいと思っている最中では、パートナーへの不信感や不満になることもあります。 逆に、家族として家庭を大事にしている旦那様に多いのは、子供を優先にした行動や食事・外食をするあまりに、奥様が抱える気持ちを察することが出来なくなることもあります。 女性は、常に誰の特別な存在でいたいと思うものです。そのために、認めて欲しくて日々を頑張っているのです。それが、日常から特別の日まで、子供優先に選択されてしまうと、何のために自分は 尽くしているのかと不満を密かに抱え込むことになります。 夫婦のどちらも、家族のためにと思い、必死に仕事をしたり、家事や育児・仕事をしています。でも、家族の中心が子供にあるために、お互いに不満も抱え込むことになって、不幸になってしまいます。 このような夫婦の場合、子供が産まれる前は、お互いを気遣い夫婦として調和がとれていた夫婦が多いです。だからこそ、パートナーへの失望や不満がおおきくなるのかもしれません。


夫婦修復・円満の秘訣

1
「夫婦の不仲の原因がこんな事だったりする。」夫が抱え込む悩み
2
「子供が産まれると女性は変化する」妻が不満に思っている事
3
「家庭を作るという事の意味」家族にとって大切なのは
4
「実は、浮気しなければいけなかった理由がある」浮気・・・?浮気にはサインがある!


相談室・エリアの案内

静岡相談室
静岡市葵区 JR静岡駅より徒歩3分の場所にあります。
静岡駿河相談室
静岡市駿河区下川原になります。駐車場があります。カウンセラー林が対応。
浜松相談室
静岡県浜松市 浜松市役所から徒歩2分の場所にあります。
沼津相談室
静岡県沼津市 沼津・三島・裾野・御殿場からアクセスしやすい場所です。駐車場のご用意があります。
仙台相談室
宮城県仙台市泉区 地下鉄南北線泉中央駅から徒歩3分の場所です。
東京東雲相談室
東京メトロ有楽町線 辰巳駅から東雲水辺公園方面に徒歩6分の場所です。
鎌倉相談室
最寄駅は湘南モノレール 片瀬駅から徒歩5分・江ノ電 腰越駅から徒歩12分の場所です。
栃木 小金井相談室
最寄駅は東北線小金井駅西口から徒歩17分駅まで送迎可能。車でのお越しもOK。カウンセラー大内が対応。

カウンセリング相談室は、静岡市葵区・駿河区・浜松市・沼津市・湖西市・宮城県仙台市・東京都江東区・栃木県小金井にてご用意しております。 ご相談室以外でも、各地域にてカウンセラーが活躍しております。主に静岡県・宮城県・東京都にて 喫茶店・ラウンジ・ご自宅などでお待ち合わせをしてカウンセリングも行っております。


申し込み窓口
電話受付(予約) 050-3764-7441   受付時間9:00-21:00
(お客様窓口ですので営業電話・業務勧誘の方は mailにてお願いします。)
mail受付(予約) メール予約   受付時間24H
その他 お子様が小さくて外出が出来ない方や外出が難しい場合などの方に出張でのカウンセリングも行っております。 対応地域などありますのでお問い合わせ下さい。

お願い
※キャンセルの申し出る場合は、3日以上前にお願いします。3日以内でのお申込みの場合には、前日(24時間)までにお知らせお願い申し上げます。キャンセル時には全額の費用をお願いしておりますので、カウンセリングの日程を決める際には無理のないご都合でカウンセリングの申込みをして下さい。